第69回正倉院展/The 69th Annual Exhibition of Shōsō-in Treasures


毎年奈良で行われる、「正倉院展」。今年もその季節がやってきました。

期間:平成29年10月28日(土)~11月13日(月) 全17日
場所:奈良国立博物館 東新館・西新館
時刻:午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月28日・29日、11月3日・4日・5日・10日・11日・12日)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金:1,100円

正倉院展は毎年、1日に約1万人以上が訪れる一大イベントです。
会期終了後には20万人近くの入場者数がニュースなどで発表されています。
世界中・全国から観光客・旅行者が集まり、奈良が賑やかになりますよ~!!

まず、正倉院展のご説明から。
今年の正倉院展には、北倉10件、中倉25件、南倉20件、聖語蔵3件の、合わせて58件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳は10件です。正倉院宝物の全貌が概観される内容となっていますが、仏・菩薩(ぼさつ)への献物(けんもつ)と考えられる品々を含めた仏具(ぶつぐ)類の充実や、佩飾品(はいしょくひん)や帯などの腰回りを飾った品々が多く出陳される点が特色となっております。また、宮内庁正倉院事務所による最新の整理、調査の成果を反映した宝物が数多く出陳されることも特筆されます。
聖武天皇ゆかりの北倉からは、記念切手にも採用された高名な羊木臈纈屛風(ひつじきろうけちのびょうぶ)が出陳されます。樹下に羊を大きく表した異国情緒溢(あふ)れる図様(ずよう)が目を引きますが、わが国で作られたことが確実視されており、天平期における西方文化の受容を顕著に物語る遺例として注目されます。一方、鋳造された鏡2面はいずれも唐で製作されたと考えられるもので、海外よりもたらされた珍貴な品々に囲まれた聖武天皇のお暮らしぶりが偲ばれます。
また、アッシリアに起源を持つとされる楽器・箜篌(くご)の貴重な遺例である漆槽箜篌(うるしそうのくご)、インドに起源を持つ迦楼羅(かるら)の面、同じくインドに起源を持つ迦陵頻伽(かりょうびんが)があしらわれた最勝王経帙(さいしょうおうきょうのちつ)、ペルシア起源の器を中国で写したと考えられる緑瑠璃十二曲長坏(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)やわが国で製作されたと考えられる金銅八曲長坏(こんどうのはっきょくちょうはい)、異国情緒溢れる金銅水瓶(こんどうのすいびょう)などの宝物からは、各地に源流を持つ文化が結集し花開いた、国際色豊かな天平文化の様相がうかがわれます。
このほか、素材やかたち、製作地の異なる杯(さかづき)や伎楽面(ぎがくめん)、税として各地から貢納された麻布(あさぬの)や絁(あしぎぬ)、地方行政に関する文書(もんじょ)や東大寺の荘園に関する文書・地図などを通じて、奈良時代におけるわが国の国家形成や内外の交易についても、思いを馳せていただければ幸いです。
正倉院の宝物には日本製品のみならず、中国の唐や西域、ペルシャなどからの輸入品を含めた絵画・書跡・金工・漆工・木工・刀剣・陶器・ガラス器・楽器・仮面など、古代の美術工芸の粋を集めた作品が多く残るほか、奈良時代の日本を知るうえで貴重な史料である正倉院文書、東大寺大仏開眼法要に関わる歴史的な品や古代の薬品なども所蔵され、文化財の一大宝庫で、シルクロードの東の終点ともいわれています。

私も、全国からこの正倉院展の為に奈良へ来られるお客様に感化され、以前いってきました。このような素晴らしい伝統ある作品を、自分の目で見て、生で感じることができるというのは、奇跡的な事だと思いました。
作品の圧倒的な存在感や、美しい模様や色使いを是非、皆様にも見てほしいです。また、その年の「目玉商品」というような代表作品も毎年変わり、今年は羊木臈纈屏風(ひつじきろうけちのびょうぶ)のようです。
展示が終わるころにつれて、お土産ショップもあり、その年の代表作品をはじめとした様々な作品のデザインを使用したグッズの販売もあり、見ているだけでも楽しめますよ。

チケットは、もちろん当日現地で購入できますが、並ぶこともあるそうで、行きなれた方は前売りチケットを購入されるそうです。
前売りチケットは、当館観覧券売場のほか、近鉄主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、JTB、日本旅行、ローソンチケット[Lコード:59988]、セブン・イレブン、チケットぴあ[Pコード:768-592]、CNプレイガイド、イープラスなどで販売されています。

今現在、当館「hostel&gallery Gisgood」は、まだ正倉院展の日に空きがございます。この記事を見て興味をもたれた方、是非奈良へ遊びにいらして下さい。
1階にてカフェ・バーもございます、古い物をみて感動した後は新しい当館で一服、「温故知新」の旅を楽しんでみてはいかがですか?

This year marks the sixty-ninth Exhibition of Shōsō-in Treasures enriching the autumn colors of the ancient Nara capital. Fifty-eight treasures will be on display: ten from the North Section, twenty-five from the Middle Section, and twenty from the South Section of the Shōsō-in, as well as three from the Shōgozō. Of these, ten are shown for the first time, including a gigaku mask of the mythical bird-like Karura.
The “Screen Panel with a Wax-Resist (Rōkechi) Design of a Ram Under a Tree” said to have been a personal possession of Emperor Shōmu (701-756), is well known as an excellent example of the assimilation of Eurasian cultures during the Nara period. Although the Persian-style design of a ram with curled horns standing under a tree is impressive, the fabric on which it was dyed is Japanese silk produced in the provinces and paid as tax.
The international flavor of eighth-century Tenpyō culture, blossoming out of a blending of cultures from many corners of the earth, can be sensed in the “Kugo (Harp) with Lacquered Sound Box,” a precious artifact with roots in Assyria, in the “Sutra Wrapper for the Golden Light Sutra(Konkōmyō saishō-ō kyō)” depicting the mythical bird-womankaryōbinga (Sk. kalavika) originally from India, in the “Twelve-Lobed Oblong Green Glass Cup” that is thought to have been produced in China and modeled on a Persian vessel, and in the exotic “Gilt Bronze Ewer.”
In addition, the beautiful decorative pieces, such as the gracefully ornamented offering boxes and Buddhist implements as well as the penknives and belt ornaments worn by the nobility, convey the sincere piety and aesthetic sensitivity held by the people of the time.

Duration:October 28 (Sat.) – November 13 (Mon.), 2017
Open throughout the term

Place:The New East wing and West wing, Nara National Museum

Open hours:9:00 AM – 6:00 PM

*Note that the exhibition hours will be extended until 8:00 PM on Fridays, Saturdays, Sundays, and on Holidays.
*Last admission is 30 minutes before closing.
*Special Autumn Late Tickets for admission after 4:30 PM on Mondays through Thursdays and after 5:30 PM on Fridays Saturdays, Sundays, and holidays can be bought at the museum on that day starting at 3:30 PM on Mondays through Thursdays and at 4:30 PM on Fridays, Saturdays, Sundays and holidays.
Admission: 1100JPY

Annual Exhibition of Shōsō-in Treasures is a big event which more than 10,000 people visit every each day.
After the end of the exhibition, the number of visitors nearly 200,000 have been announced in news.
People gather from all over the world, Nara will be crowded ~! !

 

Staff :Rika

■GREED IS GOOD DEPARTMENT STORE
GReeD NARA / hostel&galleryGisgood
GREEDGARAGEWORKS SHOWROOM/G IS GOOD COFFEE & BEER STAND
〒630-8244
奈良市三条町606-67

宿泊予約はオフィシャルサイトから
http://www.hostelgisgood.com

https://www.facebook.com/GReeDNARA/
https://www.facebook.com/hostelandgalleryGisgood/
https://www.facebook.com/greedgarageworks/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です